せっかくだから

アクセスカウンタ

zoom RSS Cri SHOWU ソウル

<<   作成日時 : 2012/10/20 00:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

地下鉄に乗って「安岩(アンアム)」駅へ
私はてっきり会場が高麗大学なので「高麗大学」駅で降りればたどり着くとばかり思っていたのですが、大勘違い
幸運にも、行きの飛行機で知り合った方に行き方を教えて貰わなければ路頭に迷うところでした。
ここでも出口でたまたま声をかけてくれた方がいて、その方と二人で丁度停車していた”Cri SHOW”のシャトルバスに乗せて貰うことが(しかも最後の二席)できました。
上り坂で徒歩20分と聞いていたので、本当にラッキー!!
乗せて頂いた高麗大学のバス↓
画像

ここはフィギュアスケートで有名な、あの”キム・ヨナ”さんが通っている大学です。
とにかく広くてそれぞれの建物が立派です。
大学入口↓
画像

会場案内図↓どんだけ広いんだ?
画像

グラウンドの横に大きな”ファジョン体育館”が見えてきました。
ドド〜ン!!
と、大きな垂れ幕が!!w(@o@)w
す、すご〜い!!一気にテンション急上昇〜
画像

入口までの道のりの左右には、世界中のウナギちゃんからのお祝いのお米の花で埋め尽くされていました。
贈ったお米のキロ数の看板が、それぞれ掲げてあります。
画像

このお米の量!!
画像

画像

色々な国の言葉の、愛のこもったメッセージ
グンちゃんの人気の凄さがうかがわれます。
画像

韓国でも、ここまで大々的なものはめづらしいそうです。
そしてこのお米は、グンちゃんの計らいで全て施設に寄付されました。
画像

まずはグッズ販売へGO!!
ソウル公演でしか買えない物も色々ありました。
しかも同じタオルとかでも日本より安かったりします♪
画像

ここで声をかけてくれた韓国人のカップルや、台湾、中国から来たウナギちゃんたちと盛り上がっていたら、むこうのメディアのインタビューをうける事になり、横断幕を持って撮影しました。
後に日本の横浜公演でこの横断幕に遭遇し、”ZIK-ZINプロジェクト”としてリレーされている事を知ったのでした。
そういえば、ここからスタート・・・というような事を言っていたような・・・
何せアジアチームは共通語がカタコトの韓国語&英語とジェスチャーでの会話だったのでf(^_^)
グンちゃんへの愛が繋いでくれた、ご縁です
画像

学食からリハーサルが聞こえるという事で学食カレーを食べながら、リハ中のグンちゃんの歌声に聴き惚れます
ん?なんかグンちゃん叫んてるよ!?
などといいながら、開演までの時間を楽しく過ごしました。

体育館に入ると花道のすぐそばの席で期待が膨らみます。
各国の言葉で”撮影禁止”など注意事項の張り紙がある中”水鉄砲禁止”の文字が!
??と思ったその時、周りにいた中国ウナギちゃんたちがバッグの中に水鉄砲をしまっているのを見てしまいましたΣ( ̄ロ ̄lll)
ここでもまた、周りの多国籍ウナギちゃんたちと各国のグンちゃん応援グッズを見せ合い盛り上がります。

いよいよショーの始まり!!
観覧車、ジェットコースターのレールなど、遊園地を見立てた壮大な舞台セット
スクリーンに映し出されたプリンス(グンちゃん)の映像が映し出されます。
プリンスワールドへようこそ!!
200 milesの曲で紫色の派手なスーツに羽つき帽子姿のプリンスが登場!!
物凄い歓声に包まれる中、曲が進み一気に駆け抜けます。
それにしても今回も長髪金髪ウィッグ姿
スタッフが、ウナギたちが何と言おうと彼は自分のポリシーを貫きますf(^_^)
あたりまえですが、韓国の公演なのでMCは全て韓国語。
現地のウナギを気遣ってか全く日本語をしゃべりません。
しかも日本のインタビューで話す韓国語と違って早口!!
こっちがアウェイなんだからあたり前なんですけど、今まで彼が日本語しゃべってくれていたので、すっかりそれに甘えていた事に気づきました。
もっと韓国語の勉強をしなければ!!と反省(ーー;))

客席にはグンちゃんのパパ、ママ、親類、そして「ラブレイン」で共演した少女時代のユナちゃんも来ていました。
所々ほんの少しわかる単語を繋ぎ合わせてニュアンスで理解します。
グンちゃんがウナギとの間で今、流行らせたいのが”ZIK-ZIN”という言葉。
日本語にすると”直進”という意味なのですが、この言葉に対する自分の思いをみんなにわかってもらいたいようで、この時だけは英語で説明してくれました。

グンちゃんが「Jo〜!!」
と言って拳を突き出したら
「ZIK-ZIN〜!!」
と、突き返す
これを彼が何度も唐突にやるので気が抜けません(汗)。

私の好きな曲”STAY”では、白いプリンスの格好でベンチに座ってバラードを歌う姿が個人的にツボでした
”Rain”では舞台中央で雨が降り出し、ドラマ「ラブレイン」のように黄色い傘をさした男女が別れを演じます。
そしてスクリーンには、白プリンスと、鏡の中から現れた黒プリンスの激しいバトルが映し出されます。
彼の心の中の葛藤を表しているという演出。
まるで映画マトリックスのネオとスミスの対決、はたまたドラゴンボールのカメハメ波!?
急に後方がざわついたと思ったら、後ろから玉座に座った黒プリンスが護衛に担がれ登場!!
Crazy Crazy Crazy”では紫のライトで応援します。
アップテンポの曲がすすみステージ中央に現れた巨大クモの巣に宙づりになって捕らわれるという仕掛け。
その後、遊園地で遊ぶ子供の頃の自分に出会うストーリーが映し出されます。
この子役の男の子がグンちゃんによく似てて、めちゃめちゃ可愛い
グループ歌手と違って、誰かのソロの間に休んだりできない分、俳優として演技で上手くカバーしています。
クレーンで上にあがって上の階のファンにもサービスしたり忙しい!!
歌いながら水鉄砲を持って走りながら水をかけたり・・・
「冷た〜い!!」
と言いながらも喜ぶ自分(*^^*)
”水鉄砲禁止”はウナギニ対してで、彼は良いわけ!?
と思ったら機材が濡れるからダメ!
と下からスタッフさんがサイン出している。
それに気づいてそそくさと引っ込めるプリンスの姿が可愛い♪

後半、衣装を変えて出てきた曲の途中でウナギちゃんたちがざわついていたのに
???と意味がわからずにいましたが
「チャックがあいてる」
と騒いでいた事を後で知りました。
気づかず残念〜o(≧ε≦o ・・・ってコラコラ!!

アンコー^ルではBIG BROTHREことカート君が登場し
TEAM-HによるLounge−Hの始まり!!
DJサウンドで会場が一気にクラブのノリになり大盛り上がり!!
飛ぶわ!タオルを回すわ!特に”ガラケチャ”のダンスは楽しくて、燃え尽きた感がありました。
汗だくで外に出ると、追っかけのタクシーが校内に、ずら〜っと待機していてビックリw(@o@)w
普通に「駅まで」と言うと断られます。
しかも初乗り料金が異常に高い!!
行きはバスで来たものの、帰りはどうしよう・・・
と心細くバス亭に並んでいたら、マレーシアのウナギちゃんが
「一緒に駅まで歩きませんか?」
と声をかけてきてくれました。
日本語を聞きつけた日本のウナギちゃんも声をかけてくれて、みんなで一緒に駅まで歩くことに。
行きも歩いて来たという人たちについて歩いていたのですが、街灯も少なく暗い寂しい道で、どうやら道に迷った様子。
分かれ道で困っていたら、通りかかった高麗大学の学生さんたちが声をかけてくれました。
韓国の男性は背の高い人が多いと思っていましたが、彼らはラグビー部員とあって更に大きくて、最初はちょっと怖かったのですがとっても親切に駅まで送ってくれました。
ショーも素晴らしかったし、沢山の人との出会いに助けられた異文化コミュニケーションな一日でした。

おまけ画像↓はグンちゃんの友人が経営する、行きつけのイタリアンレストランのピザ
お勧めのルッコラのピザは、冷めてもとっても美味しかったです
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Cri SHOWU ソウル せっかくだから/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる