せっかくだから

アクセスカウンタ

zoom RSS 中天

<<   作成日時 : 2007/10/04 22:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ここ1ケ月、バタバタして、すっかり更新を怠けていました。
本当に気まぐれなブログです。
最近「これが見たい!!」という映画があまり無かったので映画館へ足を運ぶ気力が薄れていたのもネタ不足の原因かも・・・

先月お友達と行った『韓流シネマ・フェスティバル』で上映された『中天』は、結構面白かった。
チョン・ウソンさん目当てで、随分前からチケットを入手していました
日本での一般上映はこれからでしょうか・・・
シネマートにはウソンさんの布ポスターがかざられていたり、チョ・インソン君の来日風景が上映されていたりした。
画像
画像

う〜ん、男前ですな〜
画像

売店でビールを買うと、中天のマグネットが貰えると聞き、朝っぱらからビールを購入。
飲むと眠くなってしまう上にビールはあまり得意でないので、ここはビール好きの桂でこ八さんに飲んで頂いた。
マグネットはこれ↓
画像


あらすじ
イグァク(チョン・ウソン)は、生きた人間の体のまま、人が死ぬまでに霊魂が49日間留まる『中天』の世界に入り込んでしまう。
そこで、死んだはずの、かつて恋人だったとソファ(キム・テヒ)と出会う。
けれど彼女は全ての記憶を失い、中天を守る天人になっていた。
怨霊達の反乱で中天は危機に瀕し、中天を救うことができる零体首飾りをつけたソファは、彼らの標的となる。
反乱を起こしている寃鬼たちは、イグァクが現世で兄弟のように育った退魔師仲間だった。
寃鬼たちはソファの命を狙う一方でイグァクを仲間に引き入れようとする。
自分を忘れてしまったソファをイグァクは守りきる事ができるのか・・・
画像


感想
ひとことで言うと映画は結構面白かった。
不思議な世界に一緒に迷い込んだ感じがした。
CGがふんだんに使われて、セットも豪華で、さぞかしお金がかかっているんだろうなぁ〜。
話の設定は良かったのだけれど後半ちょっと話を引っ張りすぎのようにも思えた。
でも、ウソンさんの太刀回りはカッコ良かった
ワイルドな風貌が『MUSA』の時のようで、とても素敵だった。
キム・テヒさんも透明感のある、人間離れした美しさがあった。
ただ、睨む演技ばかりが目立って、葛藤する心の動きが表現しきれていない感があった。
あれだけの目力を持っているのにもったいない気がする。

見終わった後、みんなで感想を話し合えて楽しかった。
次々と現れる決闘シーンが、なんだかゲームっぽい感じがすると思っていたが、やはりみんなも同じ事を思っていたようだ。
映画がヒットしたら、ゲームが発売されるに違いない!!
途中、スパイダーマンっぽい場面があったとか、LOVERSもちょっと入ってるとか、他の映画をを彷彿させる場面があったとか・・・
想像の世界の話なので、多少の矛盾について深く考えずに見ればじゅうぶん楽しめる映画でした。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中天 せっかくだから/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる